about ippo  お問合せ 
拾う 伝える 創造する 楽しむ イベント value up Navigators
 
  私たちは、ごみを拾うことから始め、ごみの流れを知り、元を断つという本質的な活動を目指し、小さないっぽを踏み出しました。ボランティアという活動領域で、環境活動の新しい価値を創造しながら、環境ビジネス領域への成長という、将来の高い目標を持ち取り組んでいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
団体名称 環境応援団いっぽ(Environment-Friendly IPPO)
設立 2000年9月
代表 前田直昭
須藤純平
活動目的 ごみ拾い活動を通してごみの流れを知り、ごみの元を断ちにいくこと。
自分たちの遊び場を守るために必要なことを自ら考え、本質的な活動を行うこと。
その流れの中に関わる多くの人々とのつながりの中で、新しい価値を創造し、
提供することを通じて、環境貢献活動を展開する。
活動内容

「拾う」    - ごみ拾い活動実行・実行支援
「伝える」   - 環境メッセージ活動
「創造する」 - 環境貢献企画・提案活動
「楽しむ」  - イベント活動

最近の活動実績 2009.1 神奈川県「温暖化防止推進員」専門研修の司会兼コーディネーター担当
2009.1 NPOが企業と協働する実践ステップ(横浜)講師(横浜市桜木町ランドマークタワー)
2009.2 ヤングパワームーブメント2009参加(千葉県柏市)
2009.3 新江ノ島水族館の環境経営化協働スタート(神奈川県藤沢市)
2009.4 HSBC新入社員研修実施(湘南鵠沼海岸)  湘南経済新聞取材・掲載
       新江ノ島水族館えのすいECOデーにエコチアで参加
       静岡牧之原市にてHSBCのCS気づきプログラムイベント実施
2009.6 神奈川県地球温暖化防止教材制作委員就任(神奈川県環境計画課)
2009.6 HSBC日本橋にて生物多様性トークショー&出前水族館企画実施(東京都中央区)
2009.6 横浜市立大学教室セミナー講師(横浜市金沢区)
2009.6 地球環境パートナーシッププラザ:GEICにてボランティア見本市出展(東京都渋谷区)
2009.7 開成小学校PTA・児童向け安全気づきプログラム企画・実行(足柄上郡開成町)
活動地域

首都圏 (神奈川、千葉、東京)

上位団体 なし
運営スタッフ

小田 義起 (副代表)
川口 主税 (会計)
高林 壮一郎 (情報技術担当)
古川 朝子 (web・デザイン担当)
高橋 雅子 (事務局)

印刷用PDF
 






Copyright(C)2006 ENVIRONMENT FRIENDLY IPPO ALL RIGHTS RESERVED